• お問い合わせ
  • 電話番号096-237-6897

    [受付時間] AM10:00〜PM5:00 [定休日] 年中無休

ブログ
ブログ

玄関タイルの選び方④🏡

こんにちは!広報担当岩井です(^^)/

  

本日は

”空間に適したサイズ、色や貼り方の考慮”です☆

  

タイルのサイズは10センチ角程度のものから60センチ角を超えるものまで

様々なタイプが揃っています。

  

アクセントになるようなモザイクタイルも見られます。  

  

選ぶ際には、玄関まわり全体の広さを考慮して選ぶことが基本です。

  

基本的には、10~30センチ各程度を用いるケースが多いですが、

ある程度の広さがあるのであれば、斜めに張ったり、色やサイズの異なるタイプを

組み合わせるなど、張り方にも個性を出すのもいいでしょう。

  

大きなサイズの方が豪華な雰囲気になりますが、スペースが狭いとその良さを

生かすことができない場合もあるので注意が必要です。 

  

タイルのサイズ感は、玄関まわりの広さに合わせて選びましょう(^^♪

明日は”安全性を考慮して、滑りにくいタイプを選ぼう”です!

WOODBOX BUNGALOW

玄関タイルの選び方③🏡

こんにちは!広報担当岩井です(^^)/

  

昨日に引き続き本日は

”色合いや風合いが多種多様。玄関扉や内装とコーディネートしよう!”です☆

  

現在はタイルの風合いも様々で、光沢のあるタイプやマットなタイプ

天然石のような色が混ざったようなものもあります。

  

玄関まわりによく用いられるのはホワイトやベージュ系、グレー系など

比較的すっきりとしたものです。

  

洋風でも和風でもどんなデザインの外観にも馴染みやすく、

コーディネートしやすいのがその理由でしょう。

  

濃い目の色合いを選び、モダンな雰囲気を持たせたり、

和のテイストを表現することも可能です。

  

いずれにしても、タイル単体で検討するのではなく、

外観デザインや玄関まわり全体の雰囲気、玄関扉や収納扉

玄関の内装などを考慮して選ぶことが大切です。

  

なんでもないことのようですが、全体の雰囲気に調和させることが

一番納得のいく仕上がりになる選び方ではないでしょうか(^^♪

  

明日は”空間に適したサイズを、色や貼り方にも考慮する”です!

WOODBOX BUNGALOW


玄関タイルの選び方②🏡

こんにちは!広報担当岩井です(^^)/

  

本日は

”使用する場所に適した性能を持つ商品を選ぼう”です!

  

玄関まわりに限ったことではありませんが、タイルを検討する際には、

使用する場所に適した性能を持つ商品を選ぶのが基本です。 

  

カタログなどには、商品ごとに

「屋内壁」 「屋内床」 「屋外壁」 「屋外床」

などに用いることが適しているか記号で(◎や〇、×など)表現されています。

  

玄関ポーチであれば、土足で歩行することができ

水漏れにも対応できる性能を持ち合わせている「屋外床」◎のタイル。

三和土部分の場合は

「屋外床」◎か〇のタイルから選ぶようにしましょう。

  

商品によっては、同じシリーズでそろっているケースもあります。

また、最近ではリフォームがしやすい

既存のタイルの上から貼ることができるものもあり、

大掛かりな工事をすることなく、玄関のイメージを一新することも可能です。

様々なタイルが出ていますが、場所によって適したものを選ぶようにしましょう!

明日は、”多種多様な種類から玄関扉などと合わせたコーディネートをしよう!”です(^^♪

WOODBOX BUNGALOW

 

玄関タイルの選び方①🏡

こんにちは!広報担当岩井です(^^)/

  

本日は

”玄関タイルの選び方”について(^◇^)

  

玄関まわりのプランやデザインは、住む人の家への思いや

暮らし方なども伝わってくるものです。

  

新築やリフォームの際には、玄関扉や床材などにこだわる方も多いでしょう。

  

特に、玄関の床、三和土(たたき)とも呼ばれる土間部分やポーチスペースは

選ぶ素材によって、日々の使い勝手はもとより、

空間の印象も左右するものです。

  

一戸建てであれば、玄関ポーチ(屋外)から

室内の土間部分まで同じ素材、仕上げとして空間のつながりや

広がりを持たせるプランが多いでしょう。

  

本来は、土に石灰や水を混ぜて練ったものを塗り

地面に固めるためにたたいて仕上げたもののことです。

  

✦一般的な主な素材

  

一般的な住宅の玄関やポーチの床の仕上げ材には、

タイルや石、モルタルなどがありますが多くはタイルです。 

  

柄や色、サイズ、価格のバリエーションも豊富で、

どんなデザイン住宅でも取り入れることができる素材でしょう。

 

陶磁器のようなすっきりとしたもの、自然石のような風合いのタイプ、

ナチュラルな雰囲気のテラコッタタイルなどもみられます。 

  

各メーカーからは、サイズや色、価格も含め多種多様な商品が提案されており

様々な空間に合わせることができます!

次週は”使用する場所に適した性能を持つ商品を選ぼう!”です(^^♪

WOODBOX BUNGALOW

お問い合わせ・資料請求

■ お電話でお問い合わせ

tel.096-237-6879

[受付時間] AM10:00〜PM5:00 [定休日] 年中無休

■ メールでお問い合わせ

メールフォームはこちら