• お問い合わせ
  • 電話番号096-237-6897

    [受付時間] AM10:00〜PM5:00 [定休日] 年中無休

ブログ
ブログ

住宅ローンを借り換えるメリット☝⑥

こんにちは!広報担当岩井です(^^)/

2019年も沢山の皆様にご来店・ご愛顧いただき誠にありがとうございました。

本日が2019年最後の営業となります。

2020年は1月6日(月)からの営業とさせていただきます。

来年度も株式会社emo WOODBOX熊本花立店をどうぞ宜しくお願い致します!

  

では、今年最後のブログです!

本日は、

✦住宅ローンを借り換える際の注意点

  

返済負担の軽減をはじめ、さまざまなメリットが期待できる住宅ローンの借り換えですが、

その一方で住宅ローンを借り換える際には注意したいポイントもあります。

  

❈住宅ローンの借り換えには1ヵ月程度かかる

住宅ローンの借り換えは、新規で住宅ローンを申し込むのと同様、金融機関への相談や

書類の準備、審査などさまざまな手続きを行う必要があります。  

  

実際に住宅ローンの借り換えを申し込み、融資が実行されるまでにかかる期間は、

金融機関によって異なりますが、1ヵ月程度かかるケースが一般的です。

  

❈諸費用が発生する

住宅ローンの借り換えは無料で行えるわけではありません。

  

現在利用している金融機関に全部繰り上げ返済を行い、抵当権を抹消、

住宅ローンを借り換える新しい金融機関に対しての事務手数料や保証料、印紙代、

登記費用などを支払う必要があります。

  

❈健康状態に問題があると借り換えできないことも

多くの金融機関は、契約者に万一のことがあった場合に備え、団信への加入を

住宅ローンを組む際の必須条件としています。

  

団信加入には、「年齢」と「健康状態」に所定の条件があり、この条件を満たしていない場合は、加入する事ができません。

  

🌟まとめ

ここ数年、住宅ローンの借入金利が大幅に低下している事を考えると、

住宅ローンの借り換えを利用し、毎月の返済額や住宅ローンの総返済額を減額できる方は少なくないはずです。

  

住宅ローンの返済負担を軽減したいと考えている方にとっては最も有力な選択肢といえるでしょう。

ただし、住宅ローンの借り換えには様々なメリットがある一方でデメリットもいくつか存在するのも事実です。

メリットとデメリットをしっかりと把握し、事前にシュミレーションを行ったうえで借り換えを実行し、

家計の状況を大きく左右する住宅ローンの借り換えを確実に成功させましょう!

    

それではみなさま良いお年をお迎えください(^◇^)★

WOODBOX STANDARD

住宅ローンを借り換えるメリット☝⑤

こんにちは!広報担当岩井です(^^)/ 

  

今年も残すところあと1週間を切りましたね!!

新しい年に向けて、ラストスパート頑張りましょう!(^^)!

  

さて、本日は

✦住宅ローンの借り換えでメリットを受ける条件

  

住宅ローンを借り換えるメリットは、住宅ローンを組んでいるすべての人が受けられるわけではありません。

  

一般的に住宅ローンを借り換え、そのメリットを受けるには、基本的に以下の3つの条件のすべて、

少なくとも2つ以上クリアしている必要があります。

  

❈現在組んでいる住宅ローンと借り換えの住宅ローンとの金利差が年1.0%程度

❈住宅ローンの残債が1,000万円以上

❈住宅ローンの残りの返済期間が10年以上

  

住宅ローンの借り換えを検討する際は、上記の条件をクリアしているか、事前にしっかりと確認しておきましょう。 

  

ただし、上記の条件をクリアしていない場合でも、借り換え先の金融機関によっては、

住宅ローンの利便性向上などの面から、メリットがあるケースもあります。

  

住宅ローンを借り換える際は、実際に借り換えを実行する前に、

シュミレーションをしっかりと行い、どの程度メリットがあるかを把握しておきましょう。

WOODBOX match

住宅ローンを借り換えるメリット☝④

こんにちは!広報担当岩井です(^^)/

  

本日は、

✦住宅ローンを借り換えるメリット その3です!

金利を固定する事で将来的な金利上昇に備える事ができる

  

現在組んでいる短期の固定金利選択型を利用している場合、

将来住宅ローン金利が上昇すると、総返済額が大幅に増えるリスクがあります。

  

住宅ローンの借り換えを機に、金利タイプを中固定または、長期固定金利へ変更すれば、

固定期間中の住宅ローン金利が変わらないことから、

将来の金利上昇リスクに備える事が可能です。

  

さらに住宅ローンの返済計画が立てやすくなるメリットもあります。

  

安心して住宅ローンの返済が行える点も、住宅ローンを借り換える際にチェックしておきたいポイントです!

  

・固定金利から変動金利へ住宅ローンを借り換える場合は?

現在、固定金利で住宅ローンを組んでいる方の中には、

金利が低く設定されている「変動金利」への住宅ローンの借り換えを検討されている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

  

固定金利から、変動金利へ住宅ローンを借り換える場合、

住宅ローンを借り換える事で将来の金利上昇のリスクが上昇する点に注意が必要です。

  

毎月の返済負担を削減できる点は大きなメリットですが、

将来的に金利が上昇に転じた場合でも無理なく住宅ローンの返済を継続出来る様、

返済計画をしっかり立てておきましょう!

WOODBOX match

住宅ローンを借り換えるメリット☝③

こんにちは!広報担当岩井です(^^)/

  

本日は、住宅ローンを借り換えるメリット その2です!

住宅ローンの利便性の向上

  

借り換え先の金融機関によっては住宅ローンの付帯サービスが充実しており、

現在と比較すると利便性が向上するケースがあります。

  

具体的には、一部繰り上げ返済のしやすさや団体信用保険、

各金融機関が提供している独自の特典がチェックすべきポイントです。

  

総返済総額が変わらない場合でも、利便性向上を目的に住宅ローンを借り換える方も少なくはありません。

  

住宅ローンの利便性向上、住宅ローンを借り換えるメリットの一つと言って良いでしょう。

  

借り換える際にチェックしておきたいポイント↓

・団体信用生命保険

数ある住宅ローンの中には、全疾病保障やがん50%保証団信が無料付帯するものがあります。

  

・繰り上げ返済のしやすさ

繰り上げ返済の利用を考えている場合、

「一部繰り上げ返済手数料無料」

「1円単位での繰り上げ返済に対応」

「インターネットから繰り上げ返済の手続きが行える」など

繰り上げ返済のしやすさもチェックしておくことが大切です。

  

・その他の特典

例えば、イオン銀行住宅ローンの場合、

イオンでのお買い物が毎日5%OFFになる特典が付帯します。

  

住宅ローンを組むことで付帯する特典についても事前に確認しておくことおすすめです! 

WOODBOX match

住宅ローンを借り換えるメリット☝②

こんにちは!広報担当岩井です(^^)/

  

昨日より住宅ローンを借り換えるメリットについてお伝えしていますが、本日は具体的な借り換えのメリットについてです🌟

まずは、基本をしっかり押さえていきましょう♪

  

✦住宅ローンを借り換えるメリット その1

住宅ローンの総返済額を圧縮できる

  

住宅ローンを借り換える最大のメリットは、

現在よりも住宅ローン金利の低い金融機関へ借り換える事で、

住宅ローンの利息が軽減され、住宅ローンの総返済額を圧縮出来る点です。

  

2019年9月には、住宅ローン金利が過去最低を記録するなど、

以前と比べても金利が低下している事を考えると、

住宅ローン利用者の多くが、住宅ローンを借り換える事で総返済額を減額できるはずです。

  

また、住宅ローン金利が低い金融機関に借り換えるという事は、

毎月の返済負担額の軽減や、返済期間の短縮にも繋がります。

  

この、

「借り換えによる総返済額の減額」+「返済期間短縮による総返済額の減額」

という2つのメリットが受けられる点もチェックしておきたいポイントです!

  

来週は住宅ローンを借り換えるメリット その2です🌟

WOODBOX BUNGALOW

住宅ローンを借り換えるメリット☝①

こんにちは!広報担当岩井です(^^)/

  

本日から皆さま気になる住宅ローンについてのお話です!

これから借り入れの方も是非頭の片隅に入れていると将来活用して頂ける内容です🌟

  

現在組んでいる住宅ローンの金利や一部繰り上げ返済手数料、

団信などに不満がある場合、住宅ローンを解消し、新たな金融機関で住宅ローンを組むことが出来ます。

  

これがいわゆる、住宅ローンの借り換えです!

 

借り換え先の金融機関によっては、住宅ローンの総返済額を大幅に減らす事ができます。

又、一部繰り上げ返済などの使い勝手も改善する事から、

住宅ローンを組んでいる人であれば、常に住宅ローンの情報をチェックしておくことが大切です!

  

ただし、住宅ローンを借り換えるには、新たに住宅ローンを組むことになるため、

契約手続きや、手数料の支払い等、一定の手間とお金がかかるのもまた事実です。

  

住宅ローンを借り換えるのであれば、借り換えにかかる手間やお金を上回るメリットが

あるかどうかをしっかりと見極めたうえで、借り換える事が大切だと言えるでしょう。

  

借り換えのメリットについて、どのような条件だと大きなメリットがあるのか?明日からのblogでこちらを具体的に考えていきます・・・!

  

WOODBOX BUNGALOW

年末年始休業日のご案内

年末年始休業日のご案内です。  

 

2019年12月28日(土)~2020年1月5日(日)

上記の期間、誠に勝手ながら休業とさせていただきます。ご不便をおかけ致しますが、何卒ご了承の程お願い申し上げます。

尚、2020年1月6日(月)より平常通りの営業となります。 

  

※上記期間中にホームページよりお問い合わせいただいたお客様は1月6日(月)より順次対応させて頂きます。

外断熱と内断熱の特徴とポイント🏠

こんにちは!広報担当岩井です(^^)/

  

本日は引き続き”外断熱と内断熱”についてです!

  

✦内断熱の特徴

内断熱は構造物よりも内側にあるものをいいます。

  

柱と柱の間に断熱材を挟み込む工法が一般的で、次のような特徴があります。 

・断熱材は柱や間柱の隙間に入れられる   

・建物の軸組や構造材の部分は断熱されない

・軸組や構造材に湿気ができることもある

・建築コストは一般的

  

✦内断熱のメリット

・工事費は外断熱より安い

・外壁は厚くならない

・施工が容易である

  

✦内断熱のデメリット

・施工が悪いと結露が起きることがある

・気密性は外断熱のほうが良い

・コンクリート造か木造かによって差が出る

  

✦まとめ

外断熱か内断熱かを選ぶ際は防湿と予算、そして地域を考えよう!

  

北海道や東北などの寒冷地では外断熱が有効に働くでしょう。

一般的には内断熱が圧倒的ですので、予算なども考慮し総合的に決めましょう!

WOODBOX BUNGALOW

外断熱と内断熱の特徴とポイント🏠

こんにちは!広報担当岩井です(^^)/

  

今週はこちら”外断熱と内断熱”についてのお話です🌟

  

快適な住まいは、間取りは勿論設備機器など各部分が総合されることによって出来上がります。

  

そこで、住まいの温熱環境についてお話していきます!

  

温熱環境を一定に保つには、断熱を適切に行う事ですが、

断熱材は壁の中に入って目に見えないのでなかなか考え付きませんね。

  

断熱には実は外断熱と内断熱があります。それぞれの特徴を比較しましょう!

  

✦外断熱の特徴

外断熱は熱容量の大きい建物の外側に断熱層を設け、建物を外気から断熱する方法です。

断熱材が構造物よりも外側にあり、次のような特徴があります。

・断熱材は外側仕上げ材のすぐ裏に設置される

・建物全体を断熱材で包む

・防湿性が高い

・建築コストが割高

  

✦外断熱のメリット

・結露が起きにくい

・構造体を覆うために気密が高くなる

・柱などの構造体が保護されることになるので痛みにくい

  

✦外断熱のデメリット

・工事費が割高

・外壁が厚くなるので、敷地廻りに余裕が欲しい

・断熱材の上から外壁材を留めるので地震などの時多少不安

  

以上が外断熱についてです。明日は内断熱についてです(^^)/

WOODBOX BUNGALOW

会社にバナーを設置しました✨

こんにちは!広報担当岩井です(^^)/

  

いよいよ12月に突入しましたね!

11月はすっかり秋という気温で過ごしやすい気候でしたね🌰

このまま暖冬になりそうですがそこはやはり冬ですので

風邪やインフルエンザにも注意し、寒さ対策を十分に行いたいですね!

  

そんな先日、ついに!!

会社入口に念願の大きなバナーが取り付けられました(^◇^)!

WOODBOXの人気ラインとともにわかりやすい価格表示で

道路側からも非常に見やすいデザインとなっております!!

WOODBOX バナー

  

地域の方々からは美容室?カフェ?

とお尋ねいただくことが多かったのですが|д゚)

このバナーで沢山の方に周知いただけると嬉しいです(^^♪ 

  

花立をお通りの際はぜひ目をむけてみてください🌟

  

WOODBOX バナー

お問い合わせ・資料請求

■ お電話でお問い合わせ

tel.096-237-6879

[受付時間] AM10:00〜PM5:00 [定休日] 年中無休

■ メールでお問い合わせ

メールフォームはこちら