• お問い合わせ
  • 電話番号096-237-6897

    [受付時間] AM10:00〜PM5:00 [定休日] 年中無休

ブログ
ブログ

住宅ローンのボーナス払い1

こんにちは!広報担当岩井です(^^)/

  

さて、今回は、住宅ローンに関する知識をお伝えする賢い家づくりシリーズです。

  

【住宅ローンのボーナス払い】

についてお伝えします。

  

◆住宅ローンボーナス払いとは

住宅ローンを借り入れる際、金融機関からボーナス払い(ボーナス返済)の利用をすすめられるケースがあります。

ボーナス払いとは、毎月の返済額に加えて、年2回のボーナス月に一定額を追加で返済していく方法のことです。

通常は住宅ローンの契約時に、ボーナス払いの有無と、借入額に占める割合を決めます。

  

●毎月の返済額+ボーナス払い=総返済額(借入額+利息)

たとえば、3000万円の借り入れで、ボーナス払いの割合を20%にする場合、元本600万円分がボーナス払いとなります。

具体的な返済額をシミュレーションすると、金利1.3%のフラット35(固定金利)で35年のローンを組んだ場合、

総返済額は3,769万6,486円(融資手数料32万4,000円を含む)。

毎月の返済額は7万1,155円、ボーナス払い分が10万6,961円になる計算です。

年に2回のボーナス月のみ、通常の返済に加え10万円ほど多めに返済することがわかります。

ちなみに、ボーナス払いの割合には金融機関によって上限が設けられており、最大で40%から50%程度です。

  

●住宅ローンのボーナス払いは「損」なの?

ボーナス払いはひろく普及している住宅ローンの返済方法ですが、「ボーナスが毎年きちんと出るかどうかわからない」

「転職や独立をしてボーナスがもらえなくなるかもしれない」

などの理由から、現在は積極的に選択しない人も増えています。

事実、ボーナス払いにはデメリットがあり、それを把握しないまま選択すると、返済スタート後に後悔することにもなりかねません。

一方でボーナス払いに一定のメリットがあることもまた事実です。

そのため、必ずしも「ボーナス払いは選ぶべきでない」と判断してしまうことも早計でしょう。

そこで今回は「住宅ローンのボーナス払い」をテーマに、メリットとデメリットをお伝えします。

「返済中にボーナス払いをやめることはできるのか?」

といった疑問についても、お伝えしてまいります。

お問い合わせ・資料請求

■ お電話でお問い合わせ

tel.096-237-6879

[受付時間] AM10:00〜PM5:00 [定休日] 年中無休

■ メールでお問い合わせ

メールフォームはこちら