• お問い合わせ
  • 電話番号096-237-6897

    [受付時間] AM10:00〜PM5:00 [定休日] 年中無休

ブログ
ブログ

住宅ローンの返済額の平均は?5

こんにちは!広報担当岩井です(^^)/

今回の賢い家づくりは、

「住宅ローンの返済額」

についてです。

  

◆住宅ローンの借入額をシミュレーション

  

関東の毎月の返済額は10万1134円、

九州の毎月の返済額は8万3451円とお伝えしました。

  

この金額から住宅ローンをいくら借りることができるのか

(住宅ローン借入可能額)を単純計算で求めてみます。

  

35年返済の固定金利(年1.36%、ボーナス払いはなし)の条件で、

住宅ローンを借りたとして計算すると、

関東の借入可能額は3373万円、

九州は2772万円となります。

  

◆住宅ローンの借入と自己資金の割合の平均

  

最後にローンと自己資金の割合の平均を調べてみます。

国土交通省の「住宅市場動向調査」によると、

自己資金と借入金の割合は、だいたい3対7となっています。

  

十数年前の調査時は、借入金の割合は

50%をわずかに超える程度でしたが、

近年借入金の割合が高くなっています。

  

前項の借入可能額を7割、自己資金を3割として

購入できる住宅の価格を計算してみると、

関東は約4800万円、

九州は約3960万円

ということになります。

  

◆まとめ

  

ローン返済額や収入・返済比率の平均をお伝えしました。

収入に対する住宅ローンの負担率は

14~15%であることがわかりました。

  

紹介した平均の数字を目安にして、各家庭の家計の状況にあった

無理のない住宅購入計画を立ててもらえたらと思います。

以上、「住宅ローンの返済額の平均」についてでした。 

LUANA

お問い合わせ・資料請求

■ お電話でお問い合わせ

tel.096-237-6879

[受付時間] AM10:00〜PM5:00 [定休日] 年中無休

■ メールでお問い合わせ

メールフォームはこちら