• お問い合わせ
  • 電話番号096-237-6897

    [受付時間] AM10:00〜PM5:00 [定休日] 年中無休

ブログ
ブログ

モデルハウス完成見学会のご案内

 モデルハウス完成見学会のご案内です。

  

《WOODBOX LOSPA》

  

2階建 3LDK(LDK+3洋室)

* 月日 : 3月12日(土)・13日(日)・19日(土)・20日(日)・21日(月祝)

* 時刻 : 10時~17時 (最終受付け16時)

* 場所 : 益城町宮の台分譲地内

* 完全予約制

* 1日5組様限定 (先着順となります)

  

ついに益城町に

WOODBOXのモデルハウスが誕生致しました!!

  

今回ご見学頂くモデルは

” WOODBOX LOSPA ”

  

一見平屋にも見える

招き屋根が可愛い2階建てのお家。

1階に主寝室、2階に子供部屋とロフトスペースを設け

平屋としても過ごせる

将来を見据えた造りが魅力です。

子供部屋は4LDKへ可変可能◎

新しい家族が増える事に大歓迎なお家です(^^♪

  

吹き抜けのリビングを一望できる

秘密基地の様なロフトスペースや

趣味道具もラクラク置けちゃう、

広々2帖のシューズインクロークなど

子供も大人もそれぞれが楽しめる空間を造りました。

  

WOODBOX自然素材の家Point✦

①木の香りが心地良い無垢材の床🎶

②呼吸する自然素材の塗り壁🎶

③モダンなデザイン性とメンテナンス面でも長く美観を損なわないガルバリウムの外壁🎶

  

※原則1組様ずつのご案内とさせて頂きます。

マスクの着用・手の消毒にご協力下さい。

スタッフもマスク・手袋着用にてご案内させて頂きます。

  

ご予約をお待ちしております!(^^)!

TEL 096-237-6897    

間接照明の基本②

こんにちは!広報担当岩井です(^^)/

  

今回の家づくりの基礎知識は、「間接照明」についてです。

  

◆部屋の色や大きさも明るさに影響を与える

  

 LDKなどの広い空間で、明るい色で仕上げた場合は、間接照明は効果的になり落ち着いた明るさの空間を演出するでしょう。

 しかし、狭い空間の場合、天井や壁に、反射しやすい明るい仕上げでも天井の高さに対して空間が確保できない場合は、明るさが確保できません。 

  

例えば、トイレなどの狭い空間では、明るい色の仕上げで、反射する力を高めても、明るくすることが難しい場合がありますので、間接照明を採用する場合は、注意しましょう。

  

 基本的に間接照明を採用する場合は、天井や壁は、明るい色の代表である白やそれに近い色の仕上げ材を採用します。

 ですが、お洒落や高級感を求めるので、木などで壁や天井を仕上げ材として採用する方も少なくありません。

 白い天井や壁の一部分を木の仕上げにする場合は、白い部分に間接照明を当てればよいと思います。

 大部分が木の場合は、明るい木の素材を使用しましょう。 

反射する代表的な素材は、檜や杉となります。

 広い空間であれば、明るさも確保できますし、木の反射の明るさが優しく柔らかい効果が期待できます。

 木の温もりを演出しやすいので、白熱灯や電球色の暖かい色がおススメです。

 間接照明は、部屋の色や仕上げ、大きさ・広さに影響しますので、採用する場合は、この辺を注意しましょう。

  

 ◆メリットと、まとめ

では最後にお洒落や高級感を演出する間接照明のメリットについてお伝えします。

・光が均一に広がるので 部屋全体の印象が柔らくなる

・部屋の視線を集めたい場所を強調できる

・直接照明器具が見えないので、 部家がおしゃれでシンプルな空間に

・明るさにグラデーションが生まれ、部屋に奥行き感が出る  

  

照明は部屋の印象を左右する要素の一つです。

せっかく内装にこだわっても、照明で印象が変わる可能性もあります。

間接照明の採用を検討する場合、光の量や広がり方、仕上げ材の色、器具の納まりかたそして、部屋の広さなどを配慮しましょう。

  

LOSPA

間接照明の基本①

こんにちは!広報担当岩井です(^^)/

  

今回の家づくりの基礎知識は、「間接照明」 についてです。

そもそも間接照明とは、天上や壁に照明器具からの光を照らし、

その反射する光を明かりとして利用する照明のことです。 

  

机やテーブルなどに直接光を当て視野を確保するのではなく、部屋の明るさを確保することです。

 雰囲気が楽しめるので、お洒落や高級感がかもし出せます。 

  

しかし、内装材や仕上げ材、光の当て方によっては、適切な部屋の明るさを確保できなかったり、お洒落や高級感も感じることが出来ない場合も。

そこで今回は、間接照明の基本的なことをお伝えしていきます!(^^)!

  

 

◆間接照明の基本

  

 間接照明は、照明器具から放たれた光が、天上や壁を照らし、

反射する光で部屋全体の明るさを確保することなのは、お伝えしました。 

  

例えば、スポットライトを天上に向けて照明すると間接照明と言えます。 

同じように、壁に向けるのも間接照明となります。

一般医的な照明やダウンライトのように直接、机やテーブルなどに光を当てるわけではないので、どちらかと言えば部屋全体はすこし明るいくらいです。

  

天井や壁の仕上げの色合いが暗いものだと、光が吸収されてしまい反射しにくくなるので、更に明るさの確保ができない場合があります。

  

食事や仕事などで使用するテーブルや机などに明るさを確保できない場合は、その場所に直接的に光を当てる事がお勧めです。

  

明日に続きます(^^)/

LOSPA

お問い合わせ・資料請求

■ お電話でお問い合わせ

tel.096-237-6879

[受付時間] AM10:00〜PM5:00 [定休日] 年中無休

■ メールでお問い合わせ

メールフォームはこちら